平成30年北海道胆振東部地震にかかる救護活動(2)

 9月8日(土)から厚真町に派遣していた函館赤十字病院の救護班・こころのケア班は、その任務を終 えて11日(火)に帰院いたしました。18日(火)からは現地災害対策本部要員として事務職員2名の派 遣が決定しているほか、次の出動に備えた準備もしております。 日本赤十字社では、現在も厚真町を中心に救護班を派遣して保健医療ニーズの調査、巡回診療等の実施及び救護所の設置といった活動のため全国から救護班を派遣しているほか、毛布・緊急セット・安眠 セットなどの救援物資の配付も行っております。

 

2018年09月12日