「平成30年度赤十字フェスティバル」を開催いたしました

5月8日は世界赤十字デー(赤十字の創立者アンリ―・デュナン生誕の日)として世界的に赤十字運動を広く周知する日とされています。アンリ―・デュナンと日本赤十字社創始者の佐野常民が強く訴えた「人道」への理解を深め、ともにその大切さを発信するために、3回目となる今年も五稜郭タワーにおいて「レッドライトアッププロジェクト2018」「赤十字フェスティバル」を開催いたしました。「赤十字フェスティバル」では、自動体外除細動器(AED)を使用した救急法の体験や防災グッズ、赤十字活動紹介パネルの展示などを行いました。今年は全国44施設が参加し、各地の施設を赤十字カラーで染めました。

 

2018年05月18日