看護部

看護部概要

●●●看護体制と看護方式●●●

①急性期一般入院料2
②看護体制
  病棟:均等別の三交替制、変則二交替制
  外来:函館市の輪番制の二次救急指定病院
     月1回、二次救急指定日あり
③看護方式:固定チームナーシング受け持ち制、一部機能別

 

●●●看護部の理念●●●

Head,Heart. and Hand
 私たちは、病院の理念と基本方針に基づき患者様を尊重し、安全で安心していただける看護を行います。

 

●●●看護部の基本方針●●●

1.患者様に安全で快適な環境と安心できる看護を行います。
2.患者様の権利と意思を尊重し、自立への支援をします。
3.他職種と協同し効果的に医療・看護を提供します。
4.専門職業人として臨床看護実践能力の向上に日々努力します。
5.赤十字看護師として「人道の実現」のために行動します。

私たちの目指す看護とは(用語規定)
 心身の苦痛の緩和とニーズへの対応を、患者様との有意義な人間関係のプロセスの中で、ナイチンゲールの提唱する看護の視点をものさしとして、看護であるものと看護でないものを見極めるとともに、その人の生活のあり方を見つめ、人的環境も含む環境が最良の状態にあるように整えることです。

「看護の5つのものさし」
①回復過程を促進するような援助
②生命体にとってプラスとなるような援助
③生命力の消耗を最小にするような援助
④生命力の幅を広げていくような援助
⑤持てる力を活用し高めるような援助

 

●●●看護職員教育体制●●●

 赤十字キャリア開発ラダーを導入し、各レベルに応じた教育プログラムを実施しています。
 赤十字の理念に基づいた「赤十字の看護師の看護実践能力」の到達レベル別に明示し、その到達を目指すことにより、地域住民に質の高い看護を提供するとともに、災害時に対応できる看護師の育成を図っています。

教育の目的
①看護の専門職業人としての知識・技術・態度を習熟し、患者の尊厳と人権を尊重し患者中心の看 護が展開できる看護師を育成する。
②赤十字看護師として必要な知識・技術を体得し、その任務と心構えを持って看護業務や救護活動 、ならびに日常生活の中で実践できる看護師を育成する。

教育の目標
①様々な知識を活用しながら、対象の個別性や優先度を考慮した看護を実践できる。
②看護部門の目的・目標を意識し、場面に応じてリーダーシップを取り、問題解決に向けて行動で きる。
③主体的に学習し、後輩の育成に関わることができる。
④赤十字の基本理念である人道の実践者として、社会に貢献できる。

 

●●●認定看護師●●●

 日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた看護師です。
 水準の高い看護実践を行うことで、看護現場における看護ケアの広がりと質が向上することを目指し活動しています。

 

●●●看護相談外来●●●

 専門的な知識を持つスタッフがケアを行うことで、患者様への看護の質を向上させることを目的として、看護相談外来を行っています。

 

●●●赤十字事業●●●

災害救護活動
 日本赤十字社の災害救護活動は、赤十字の使命に根ざした重要な活動です。指定公共機関として国への協力が義務付けられています。国からは「救護班員の訓練・研修の徹底を図り、災害時に十分な活動を展開するための救護体制基盤の確立に鋭意努力する」ことを求められています。そのため、当院でも看護職員全員が救護員としての資格を持ち、常に災害時に備えています。

講習の普及(赤十字救急法・健康生活支援講習・幼児安全法)
 赤十字では、人々が健康で安全な生活を送るために必要な知識や技術の普及を目的とした各種講習会を行っています。当院でも「赤十字救急法」や「健康生活支援講習」の指導員として、看護職員が活躍しています。